080-6806-3172

ブログ

2021/06/24(木)

梅雨の時期の腰痛への意識と対処方法

カテゴリー:ぎっくり腰, 坐骨神経痛, 姿勢改善, 慢性腰痛, 股関節痛, 腰痛, 腰痛 ストレッチ, 腰痛 セルフケア, 骨盤矯正

 

こんにちは。

整体院Re+make

院長の宮澤です。

梅雨入りして体調崩される方も多くなってきましたが、皆さんお体状態いかがですか?

雨が増えると草も伸びてきてお庭の掃除が大変になりますよね、、

今回はそんな屈み仕事が増えると起きやすい『腰痛』について

書いていきたいと思います!!

さて、そんな腰痛ですが一口に腰痛といっても色々ありますよね。

例えば、前かがみで痛む・反ると痛む・立ち上がりで痛む等など

中でも今日は立ち上がりでの痛みをピックアップしていきましょう!

立ち上がり腰痛は主に、腸腰筋(大腰筋と腸骨筋)に負荷がかかりすぎているときに

起きることが多いです。

その大腰筋は、足を持ち上げる・立ち上がる・まっすぐ立つなどの時に

活躍しているのですが姿勢不良が続くとこの筋肉が弱り支えられなくなります。。

そして、支えが弱くなると腰周囲の関節を痛めたり筋肉自体を痛めてしまうんです。

また、デスクワークの多い方は特に筋力が弱くなりやすく動き出したときに力を

上手く発揮できないことが多くあります。

ただでさえ座っているだけでも腰の負担は増えるのに支えまで弱くなったら

痛めてしまいそうですよね。。

じゃあそれってどうすれば防げるの??

なんて皆さん思いますよね?

座っているときの姿勢を気を付ける!
人間は体の構造上立っているときよりも座っているときのほうが腰に負担がかかります、少しでも前に丸くなるだけで120~150%と負担が増えるんですね。。

お尻のストレッチをしよう!
お尻の筋肉がかたくなると自然と腰も丸くなってしまいます。

それを根本から防ぐためにお尻のストレッチをしっかりやってきましょう!

運動をしよう!!
腸腰筋が弱らないように日頃からの運動が大切!

椅子から立ち上がる→座る

これを10回繰り返す運動だけでも筋力低下を防げますよ!

上記の3つを意識しながらお過ごしいただくだけで腰のつらさや姿勢までよくなるかも?

ぜひ実践していただければと思います!

が、すべてを自身で抱えすぎるのは良くありません。

つらい症状があり、早く症状を改善したいと思っている方は、是非ご連絡ください。

整体院Re+makeの新型コロナウィルスへの対応は下記の通りとさせていただきます。

当院の感染予防対策一覧
・スタッフのマスク常時着用 及び ご来院者様のマスク着用のお願い
・毎日の院内アルコールによる除菌
・施術前・施術途中・施術後のアルコール手指消毒の徹底
・ご来院者様、ご来院時の手指消毒の徹底
・窓開放による換気の徹底

ご来院者様へのお願い
新型コロナウィルス及びインフルエンザ予防対策と致しまして、ご来院の皆様には下記の項目を遵守していただけます様お願い致します。
・体調のすぐれない方、熱のある方、咳のある方はご来院をご遠慮ください。
・ご来院はマスク着用でお願い致します(施術中もマスク着用)
・ご来院時、退院時はアルコール手指消毒をお願い致します。
・施術中、咳・鼻水等が認められる場合、施術を中止させていただくこともございます。

整体院Re+make
院長 宮澤
〒350-0046 埼玉県川越市菅原町 KonomiNibankan202号室
電話: 080-6806-3172

 

 

 

 

6月30日(木)まで
先着5名様限定割引 → 残り3名様

ご予約は今すぐお電話で

080-6806-3172

【受付時間】9時〜21時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は9時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。