080-6806-3172

ブログ

2021/02/05(金)

腸腰筋と身体との関係について

カテゴリー:坐骨神経痛, 姿勢改善, 慢性腰痛, 腰痛, 腰痛 ストレッチ, 腰痛 セルフケア, 骨盤矯正

 

こんにちは。

整体院Re+make

院長の宮澤です。

本日は、腸腰筋の紹介を詳しくしていきたいと思います。

最近、歩くとすぐに疲れる、つまずきが多くなったと感じる方はいませんか?

特に足が重くなったと感じる方は、腸腰筋の柔軟性が乏しくなっている可能性があります。

腸腰筋は、姿勢や歩行との関連性が多くの論文で立証されており、

ご高齢者の介護予防にも効果的であることが分かってきました。

腸腰筋とは、

大腰筋(だいようきん)と小腰筋(しょうようきん)、腸骨筋(ちょうこつきん)の

3つから構成される筋肉の総称で、腰から太ももの付け根にかけ、左右対称に付着しています。

大腰筋・小腰筋・腸骨筋の役割については下記に説明します。

一般的には、歩く時の立脚後期〜遊脚期に働く筋肉とされていますが、

仰向けの姿勢から起き上がる時にも腸腰筋が働くといわれています。

また、デスクワークやドライバーの方では長時間椅子に座った姿勢が続くため、

腸腰筋が縮んでしまい姿勢が悪くなることで腰痛を引き起こしたり、

歩幅が減少して足が重く感じることがあります。

腸腰筋の中でも「大腰筋」は、脊柱(背骨)を安定させる働きがあります。

つまり、大腰筋が緩むことによって姿勢が崩れてしまうことがあります。

そのため、ご高齢者の介護予防では極めて重要な筋肉と考えられています。

腸腰筋をストレッチすると得られる効果とは

腸腰筋が硬くなったり、縮こまった状態にしていると腰の骨が引っ張られ、腰に負担がかかります。

さらには、歩幅が減少して足が重く感じることがあります。

これらを予防するためには腸腰筋をストレッチして筋肉を緩めることが重要です。

腸腰筋のストレッチには、以下の4つ効果があります。

整体院Re+makeでは、セルフストレッチとして、

腸腰筋のストレッチを初級からプロ向けのストレッチ(難易度MAX)に分けて、指導をしています。

次回は、腸腰筋のセルフストレッチのやり方を投稿をしていきたいと思います。

整体院Re+makeの新型コロナウィルスへの対応は下記の通りとさせていただきます。

当院の感染予防対策一覧

・スタッフのマスク常時着用 及び ご来院者様のマスク着用のお願い
・毎日の院内アルコールによる除菌
・施術毎のベッドアルコール消毒
・施術前・施術途中・施術後のアルコール手指消毒の徹底
・ご来院者様、ご来院時の手指消毒の徹底
・窓開放による換気の徹底
・施術ベッド間のスペースを確保
・ウィルス対策用空気清浄機の設置

ご来院者様へのお願い

新型コロナウィルス及びインフルエンザ予防対策と致しまして、ご来院の皆様には下記の項目を遵守していただけます様お願い致します。
・体調のすぐれない方、熱のある方、咳のある方はご来院をご遠慮ください。
・近親者、職場等で陽性患者がいらっしゃる場合、ご来院をご遠慮ください。
・ご来院はマスク着用でお願い致します(施術中もマスク着用)
・ご来院時、退院時はアルコール手指消毒をお願い致します。
・トイレは出来るだけ済ませてからご来院ください。
・施術中、咳・鼻水等が認められる場合、施術を中止させていただくこともございます。

整体院Re+make

院長 宮澤

〒350-0046 埼玉県川越市菅原町 KonomiNibankan202号室

電話: 080-6806-3172

https://seitaiin-remake.com/
予約: seitaiin-remake.com

 

 

 

4月17日(土)まで
先着5名様限定割引 → 残り3名様

ご予約は今すぐお電話で

080-6806-3172

【受付時間】9時〜21時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は9時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。